貴方の知らない日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相「憲法改正、私のライフワークだ!何のために政治家になったのか、何としてもやり遂げたい」

<<   作成日時 : 2013/12/23 21:27   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍首相、憲法改正「何としてもやり遂げる」

2013.12.22 23:59

画像

安倍晋三首相は22日放送のNHK番組で、憲法改正について「私のライフワークだ。何のために政治家になったのか。何としてもやり遂げたい」と述べ、強い意欲を示した。

同時に「(衆院議員は)3年の任期がある。この期間、日本を正しい方向に導くためにも落ち着いて政治家が仕事をしていかなければいけない」と述べた。

参照元 : 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131223/plc13122300010000-n1.htm

>憲法改正について「私のライフワークだ。何のために政治家になったのか。何としてもやり遂げたい」

>憲法改正について「私のライフワークだ。何のために政治家になったのか。何としてもやり遂げたい」

>憲法改正について「私のライフワークだ。何のために政治家になったのか。何としてもやり遂げたい」



売国・自民党に憲法改悪などさせたら恐ろしい。自分らに都合良い憲法に変えてしまうぞ。日本を監視社会、国民奴隷化、グローバル社会にしようとしてる売国・自民党。

こいつらはよっぽど戦争がしたくてたまらないようだ。若者よ!徴兵制がいいの?戦争に行きたいのですか?戦場で死にたいですか?


日本国憲法第21条

日本国憲法 第21条(にほんこくけんぽうだい21じょう)は、日本国憲法第3章の条文の1つであり、集会の自由・結社の自由・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密について規定している。

条文
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

解説
いわゆる表現の自由ないしは言論の自由の日本における根拠条文である。なお、集会の自由ないしは結社の自由も、表現の自由に類するものとして本条により保障されている。

2項前段は、検閲を禁止する規定であるが、検閲の意義が定義されていないため、制限される「検閲」の主体について争いがある。最高裁判所は、行政機関が行うものに限定すると判断をしている。裁判所の命令も検閲の主体には含まれないものとされている(北方ジャーナル事件参照)。

2項後段は、通信の秘密を保障する規定であり、検閲の禁止とあわせて、表現の自由を保障するための一つの施策として憲法上確保されているものである。

検閲の禁止ないしは通信の秘密を敷衍する規定としては、電気通信事業法第3条ないし第4条の規定がある。大日本帝国憲法においても、一定の表現の自由を認める規定があったが(29条)、法律の留保が付せられていたこともあり、厳しく制約された。

参照元 : ウィキペディア

http://p.tl/Gk4P


憲法第21条が改正されると、国民の表現の自由ないしは言論の自由が認められなくなる危険性がある。そうなれば、抗議デモも出来なくなります。政府に批判の声を挙げる国民は逮捕されてしまいます。



火炎瓶テツ氏が自民党の「憲法改悪と護憲」について、問題点を鋭く指摘しています。



彼は左派で、脱原発派の活動家ですが、説得力があるし、かなり勉強してると思います。TPP、原発問題、消費税増税、特定秘密保護法、憲法改悪、共謀罪などは右派。左派関係ない問題なので、反対には賛同できます。

ネトウヨや安倍信者に言いたい。右翼、左翼は、本来どちらも愛国者です。左翼=反日・売国奴という認識はおかしいです。

似非左翼、似非右翼、反日売国奴が悪であり、一番のクズは日本人の反日。左翼が反対してるから賛成などという低レベルな解釈は辞めましょう。駄目なものはダメと声を挙げないと日本が終わってしまいます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相「憲法改正、私のライフワークだ!何のために政治家になったのか、何としてもやり遂げたい」 貴方の知らない日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる