貴方の知らない日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 危険な"子宮頸がんワクチン"を推進した自民党の三原じゅん子、公明党の浜四津敏子、松あきらは辞職しろ

<<   作成日時 : 2013/12/26 04:36   >>

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

子宮頸がんワクチン、重い副作用538件

2013年12月25日17:23

画像

子宮頸がんの予防ワクチンの接種で副作用が相次いでいる問題で、ワクチン接種の扱いをめぐり、25日午後から厚生労働省の専門家会議が開かれています。

子宮頸がんワクチンについて、厚労省は女子中高生たちに接種を積極的に推奨し、今年4月には小学6年生から高校1年生を対象に無料の定期接種としました。女子中高生を中心に261万人が接種を受けていますが、重い副作用の報告が相次いだために、厚労省は今年6月に方針を変え、積極的な推奨を一時中止していました。

現在行われている専門家会議では、最新の調査結果が発表され、ワクチン接種後に失神など意識レベルの低下や全身に広がる痛みなど副作用を訴え出たケースが2320件あり、このうち、重症な症状は538件に上ることが報告されました。前回の調査から37件増えています。症状が回復するケースも多く見られますが、症状が回復せず、現在も感覚の麻痺や運動障害などの後遺症に苦しんでいる人もいるということです。

会議では最新の調査結果を踏まえ、ワクチンの接種の推奨を再開するかどうかの検討されていて、今晩中には結論が出る見通しです。

参照元 : TBSニュース







子宮頸がんワクチン接種呼びかけ、結論先送り

2013年12月25日22:45

画像

副作用の訴えが相次いでいる子宮頸がん予防ワクチンをめぐって、厚生労働省の専門家会議は、現在中止している「接種の呼びかけ」を再開するかどうかについて結論を先送りしました。

専門家会議では、ワクチン接種後に失神など意識レベルの低下や全身に広がる痛みなどの副作用を訴えるケースが2320件あり、このうち、重い副作用は538件に上ることが報告されました。こうした副作用について7人の専門家が分析をし、「接種時の痛みが身体的・心理的に影響し、慢性的な痛みを引き起こしている可能性がある」などと報告しました。

専門家会議は当初、今年6月に中止した「接種の呼びかけ」を再開するかどうかについて一定の結論を出す予定でしたが、医学的な検討が十分ではないとして結論は先送りとなりました。

「因果関係の議論をして接種の安全性について結論を出す必要がある。国民も早ければ安心するだろうが、期限ありきではない」(ワクチンの副反応検討部会 桃井眞里子座長)

結論は来年1月以降になるということです。

参照元 : TBSニュース







子宮頸がんワクチン “副作用”に苦しむ少女

2013年12月25日15:48

画像

重い副作用が相次いで報告されている子宮頸がんのワクチン。行政が接種を呼びかけるかどうかの議論は今も続いています。ワクチンの是非をめぐる議論の影で、今も「副作用」に苦しんでいる少女たちがいます。効果的な治療もないまま学校にも通えず、心に大きな傷を負っています。

家の中の移動は椅子に座ったまま。階段は後ろ向きで、手で体を引き上げながら一段ずつ上っていきます。自分の部屋にたどり着くのも一苦労です。神奈川県の中学2年生・吉川佳里さん(13)は、3か月前から自力で立てなくなりました。

「指先に力が入らないので、握力がないので落ちてしまう。お茶わんも普通に持てない」(吉川佳里さん)

ダンスが得意で活発な女の子でしたが、去年から今年にかけ、3回に分けて子宮頸がんワクチンを接種した後、過呼吸の発作が出るようになりました。ついに9月の体育祭の練習中に手が震え出し、足の力が入らなくなったのです。

「できたことができなくなっちゃって、やっぱりつらいですね」(吉川佳里さん)

4つの病院で検査を受けましたが、詳しい原因はわからないまま。ワクチンの副作用だと訴えていますが、病院の医師からは否定されました。

「医師から“精神的なもの、現代的な病気だ”と言われて、“そのうち立てるだろう”と」(母親 吉川ともみさん)

吉川さんの母親は、自治体からの勧めに従ってワクチンを受けさせたことを後悔しています。

「自分で責めてしまう。娘が注射を嫌いなのを『行こうよ』と誘って『嫌だよ』と言うのを打たせた。母親としての愛で打たせようと。結果的にはこういうことになってしまって本当に申し訳ない」(母親 吉川ともみさん)

副作用に苦しむ少女たちの姿。突然起こるけいれん。手足のしびれ。歩くこともままなりません。こうした副作用について、国や病院は、ワクチンとの因果関係を証明するのは難しいとしています。

「注射したところと全然違うところに痛みがでてくることも多い。今回の女の子たちの痛みも1万人に数例出るか出ないかのレベル。ずっと続いている痛みは原因を特定するのは難しい」(愛知医科大 牛田享宏教授)

なぜ、自分の体に重い症状が出たのか、その原因を知りたい・・・吉川さん親子は被害者の会に参加し、同じような症状を訴える中高生と会いました。

「頭の中で文章がまとまらない」
「物忘れが激しくなった」
「『CAT(キャット)』という字が覚えられなかった」
「副作用があるということが普及していない」
「体調悪くて保健室に行くと、クラスの男子から『お前、さぼり?』って言われない?」(副作用に苦しむ少女)

ワクチンによる副作用の報告が相次ぐ一方、日本では年間1万人近くが子宮頸がんになり、およそ2700人が亡くなっています。ワクチンはおよそ130か国で承認されていて、海外でも副作用の報告例はありますが、日本以外に接種の推奨を一時中止した国はありません。ワクチンは有益だとの意見も少なくないのです。

しかし、こうしたワクチンの是非をめぐる議論の影で、少女たちは副作用に苦しみ続け、救済を求めています。

「(副作用が出た人数が)少ないからって関心を持たない人が多い。みんな他人事なので。皆にわかってもらいたい。私たちのつらいこと、不安なこと」(吉川佳里さん)

参照元 : TBSニュース







子宮頸がんワクチンをごり押ししていた自民党・参議院議員の三原じゅん子が、自分のオフィシャルウェブサイトで苦しい言い訳を書いてます。これだけの被害者出てるのに、この女は責任を感じないのか?お詫びの言葉はないのか?



画像

子宮頸がん予防ワクチンの危険性に関する問い合わせについて

最近、私の事務所には、「子宮頸がん予防ワクチンは危険なのですか?」という問い合わせが多く寄せられています。 頂いたご質問やご意見には誠心誠意お答えしたいと思っておりますので、ここでは、私が何故この政策に取組むのかを含めて、 私の考えを皆さまにお知らせしたいと思います。

私が国会議員を目指した理由のひとつに、「子宮頸がん予防ワクチンと検診の無料化」を実現させたいという思いがありました。 この政策を実現させたいという想いは、私自身が、2年前に子宮頸がんを患い子宮を摘出した経験が元となっています。私には、「子どもを産めないという辛い経験は私だけで十分」、「私と同じ経験を他の方々にはさせたくない」という強い思いがあります。

私は、健康な子供を作るためには「母体となる女性は健康でなければならない」、また、子宮頸がんの治療で子宮を失う 女性を増やすことは「少子化問題を深刻にする」と考えています。そして、私は、日本の女性を子宮頸がんから守り、 「女性の健康維持」「少子化」の問題を解決する手段として、子宮頸がん予防ワクチン接種の普及が有効ではないかとの考えに至りました。

以下に、私が子宮頸がん予防ワクチンの有効性についての知識を普及するにあたって、学んだことを記載致します。

1.子宮頸がんは、発癌性のヒトパピロ−マウイルス(HPV)というウイルスの持続的な感染が原因となって発症することが 研究者により明らかとなっている(参考:Bosch FX et al.: J Clin Pathol. 55, 244-265, 2002)。

2.多くの場合、発癌性のHPVウイルスは、感染しても自然に排除されるが、ごく一部のケースでは、ウイルスが排除されず、 数年から十数年間かけて前癌病変の状態が続き子宮頸がんを発症する(参考:川名敬ほか:化学療法の領域. 22 1521-1528, 2006)。

3.世界保健機関(WHO)は、「性的活動年齢に達する前の若年者に子宮頸がん予防ワクチンを接種し、 HPV の初回感染を予防すべき」との考えを示している。参照元 : WHOワクチンポジションペーパー(英文)

4.社団法人日本産科婦人科学会、社団法人日本小児科学会、特定非営利活動法人日本婦人科腫瘍学会の3学会による 「ヒトパピローマウィルス(HPV)ワクチン接種の普及に関するステートメント」が発表されており、本ステートメントでは、 HPVワクチンの接種が強く推奨されている。参照元 : 日本産婦人科学会

5.子宮頸がん予防ワクチンの副反応については、以下の様なことがこれまでに分かっています。

グラクソ・スミスクライン(株)より承認申請されたサーバリックスは、承認申請において検収された動物試験では、妊娠機能に影響を及ぼす結果は示されていない。また、承認審査の段階で海外の市販後の状況を含め、国内外の臨床データを評価しているが、サーバリックスについて不妊を疑われる様なデータは認められていない。

更に、我が国の市販後においても、適宜、国内外から副作用情報を集める体制があるが、その報告制度の中でも不妊の副作用報告は確認していない。従って、動物データ及び臨床からのデータ、その両方から不妊を疑わせるデータはない。(2010年8月5日参議院予算委員会 平山佳伸大臣官房審議官発言より)

私は、上記の考えから、子宮頸がん予防ワクチンの公費助成の実現を目指したいと考えています。 しかし、接種を決めるのはあくまでも、皆さまご自身であり、強制するものではないと考えています。

私の役目は、接種したいと思った方が、経済的な理由で接種できないという現状を変えることだと考えています。

参照元 :
三原じゅん子オフィシャルウェブサイト



三原じゅん子のオフィシャルウェブサイトのヘッダーには「守ってあげたい。いのちを懸けて」という謳い文句が書かれています。これってギャグですか?ふざけてるの?

子宮頸がんワクチンを推進した自民党の三原じゅん子、公明党の浜四津敏子、松あきら、お前等、責任を感じないのか?この腐れ政治家どもが(怒)

画像

画像

画像

画像

画像



子宮頸がんワクチン:接種2日後、女子中学生が死亡

非婚者の性交を前提とした感染を防ぐ医療行為に公的扶助を投じる問題点はともかく、ヒトパピローマウイルスの感染が主要な原因だと言われている子宮頸がんだが、それが事実かどうかあやしいと言われている。

というのは、年齢とともに罹患者が増加するのが自然だと考えられている子宮頸がんが40代になると減少することから、ヒトパピローマウイルスの感染による“非ガンの皮膚病”がガンと誤って診断されているとも考えられている。

(若い時にヒトパピローマウイルスの感染でがんに似た細胞変化を伴う皮膚病が発症するが、経年で自然に治癒するとも考えられている。それが事実なら、本来は不要な子宮切除手術までがガン治療という名目で行われていることになる)

ワクチン接種という医療行為自体が危険性をはらむものであり、十分な安全性と効果の検証なしに、公的資金を投入した“宣伝”まで行って推奨するのは政府が推し進める“人体実験”だと言っても過言ではないだろう。

参照元 : 毎日新聞



子宮頸がんワクチン:接種2日後、女子中学生が死亡

2011年9月12日 21時34分

7月に子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種を受けた女子中学生(14)が2日後に死亡していたことが12日、厚生労働省の審議会に報告された。国の同ワクチン接種事業で死亡例が報告されたのは初めて。女子中学生には不整脈の持病があり、死因は致死性不整脈と推定されるという。

審議会は「接種と死亡との明確な因果関係は認められない」として、接種事業継続を了承した。しかし、委員からは「他の予防接種に比べて失神などの副作用報告が目立つ」との指摘もあり、今後も注意して副作用症例を分析することを確認した。

ワクチンは、09年に国内販売が開始された英グラクソ・スミスクライン社製の「サーバリックス」で、推定接種者は238万人。海外では100カ国以上で承認され、07〜11年に4件の死亡例が報告されたが、いずれも明確な因果関係は認められないという。委員からは「基礎疾患がある子供は、急いで接種する必要がない」などの意見が出された。【佐々木洋】

毎日新聞




子宮頸がんワクチンの結果、障害を受け、地獄の日々になったという被害者の方がブログで悲痛の叫びをあげています。拡散してあげましょう。子宮頸がんワクチンを打つのを止めましょう。これ以上、被害者を増やしてはならない。



私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私は泣いています。本当に 【拡散してください】

2013-03-27 07:50:48

娘はとても、とてもひどい状況です。
頭痛のひどさから、頻繁に乖離が起こり、張り付いていないと横にぐったり倒れこんでしまいます。

横になると頭痛がもっとひどくなると言って、横になりたくないという。
私はこんな、こんなひどいワクチンを多くの人が打つことに断固反対する。

大切に育てた娘が、注射一本で、青春も奪われて、痛みにもがいて、どんどんひどくなる様子を目の当たりにしなくてはならないのは耐えられない。
こんなワクチンを、なぜ推進するのか。
推進派は、私の娘を元に戻して欲しい。
あなたたちが、こんなもので娘を手にかけた。
手にかけたんだよ。
もっと情報を開示しておいてもらいたかった。副反応のことをもっと伝えておいてもらいたかった。
メリットばかり、いいことばかりを伝えられて。

お気の毒なんて言葉じゃ済ませられないよ。
私は本当に怒っているんだ。そして、悲しんでいる。心の底から。
大切に育ててきたのに・・・・。
私の大切な娘なのに。
苦しむ様をただ見ることしかできない母の気持ちを、みんなどの程度理解してるの?
お金なんかじゃない。
ただ、ただ、娘の健康を返して欲しい。
歩いて笑う娘を、ただ返して欲しい。

痛みに顔を歪めて、呻く娘を、私はどう慰めていいのか分からない。
ゴメンネと私は言い続けている。
あなたを将来ガンにさせたくなかった。
その代償があまりにもむごい。
毎日、娘は痛みと戦うあまり、いつか「ママ、もういいよ」と人生を諦めてしまわないか。
それが気がかりなんだよ。

どうか、どうか娘を元に戻して。
そして、知らずに娘のような子が増えないように。

定期接種化に賛成し、法案化を通そうとする議員は、娘の命をどう受け止めているのか。
娘の苦痛をそのまま全部味あわせてやりたい。
私は泣きながら、今これを書いている。
今日がその法案化の採択日だそうだ。

三原さんにわたしは15日にお会いしたけれど、娘を直に見てもまだ、娘の命を軽く見たことをきっと後悔する。
娘の苦しみを、彼女は絶対にわかっていない。パフォーマンスで首つなぎのために娘のことを考えているような素振りの質問をしたのだと、私は思うしかない。賛成票を投じる心が揺るがないのであれば。
今野良医師も、私の娘の症状を「なじみがない」といい、ワクチンとは関係ないといった。
婦人科の医師が、痛みの出ている患者を見る訳もなく、副反応事例を小児科医、内科医、整形外科医に丸投げしているということを私はよく知っている。
痛みの出ている患者を見たこともない医師が、副反応の痛みを否定する。
そう、婦人科医がそういう患者を見ることもないのだから、馴染みがなくて当然だ。
私は、多くの怒りを抱えながら、同時に娘の不調に苦しみや、悲しみや、不安を同時に抱えている。

娘は一生、痛みを抱えていながら生きていくことはできない。
あと何十年も、痛みを抱えるなんて・・・・。
金属バットで殴られたような頭の痛み。気絶のように動かなくなって当たり前だよ。娘はそういう状態なの。
足は、伸ばすことも曲げることも痛くてできないと泣く。

どうか、この事実を重く受け止めてほしい。
娘のような10代の子供たちを、これ以上増やさないで!!

参照元 :
みかりんのささやき 〜子宮頸がんワクチン被害のブログ〜



画像

犬の避妊薬と同じ成分 子宮頸がんワクチンは打ってはいけない!!

<前略>

最近、Kiroro の『 未来へ 』の音楽と一緒に《 子宮頸がんワクチン 》のCMが頻繁に流されていますが、多くの女性の『 未来 』を奪うこのCMを見る度に『 ゾッ 』とします・・・犬の避妊薬と同じ成分ですからね・・・。

画像

そもそも、100%安全じゃないものを人体に打ち込むこと自体が完全に間違ってますよね!?

それにウィルスとこじつけられてますが、細胞分裂のバグであるガンなんかにワクチンなんかある訳ないことを、なぜ疑問に思えないのでしょうか?

日本人の出産適齢期である女性の2人に1人が不妊に悩んでいるとか、こんなにも多くの捨てるほどの食品で溢れている栄養状態のいい日本で『 おかしい 』と気づかなくてはなりません。

ちょっと考えればおかしいとわかりますよね?

ガンは基本的に定期健診で早期発見して治療すべきものであり、子宮頚ガンも同じことです。これも突然にできるものではなく、まずは異形成という前ガン状態となり、5〜10年かかって徐々にできるもので、可変的な病変ですので50%は自然に直るものです。

新型インフルエンザワクチンにも添加されていたアジュバントが、やはりサーバリックスにも添加されています。

アジュバントとは、不活性化抗原のワクチン効果を高めるために使われる免疫増強剤(抗原性補強剤)の一種です。つまり、わざと抗原を注射して抗体をつくるのがワクチンなのですが、その助けに必要な薬剤であり、特に前述のワクチンに含まれているのはアジュバントMF-59と呼ばれています。

これが平成10年に製造された《 ペット用不妊化薬に添加されていたアジュバン卜-9》を由来とするものであるため人間用不妊化薬です。

しかし、先にご説明した通り、アジュバント自身は抗体産生の手助けをする物質にすぎませんから、それ自体が不妊化薬ではありませんが、成分の1つであるポリソルベート80が、アナフィラキシーショックと不妊化を引き起こすのです。

では、なぜ政府を挙げて、このワクチンを強制的に打ったり、女性へ不安を煽って打たせようとするのか・・・これは有名なお話ですから、さまざな方がコメント欄に答えをURL付きで書き込んでくれると思います。

参照元 : 【 子宮頸がんワクチンを打つな 】

参照元 : ワクチンは何のためにあるのか



市民団体「No More ワクチン」より

参照元 : フェイスブック

画像

【子宮頸ガンワクチンの被害で寝たきりになった女の子がいます】

〜Mさんfbウォールより〜

私は山口県、広島県、香川県の子宮頚ガンワクチン被害者を見舞う

ため、やっと家に帰り着きました。

娘ちゃんたちは13歳、昨年12月にサーバリックスを接種してか

ら起き上がれなくなり今も寝たきりのままです(涙)

意識はあるんですが泣いてばかりで心を閉ざし親とも不仲状態になっています。

さくら組長女を連れていましたが、長女も手を握って号泣していました。ここでも、親が何も調べず我が子を地の果てに叩き落とし、始めて気がついたことでした。

両親に対する憎悪しか今だ沸かない状態ですが時は過ぎてゆくだけです。なんとかしなきゃ!なんです…

明日SOさんにきて頂くことにしました、娘たちの主治医の先生にもおいで願うことになんとか解決策をみちびきだせるといいけれど…

なんで調べられないのか?
娘たちもずっと(怒)心頭です、収まりません収拾つかないとはこのことです。

ワクチン打って我が子を地獄へ落とすか調べて守るか?です。

日本に有するワクチンには石油合成化学物質やら、免疫力や抵抗力をナキモノにしたり、ガン化したりするんだよ!

ワクチンなんか必要ない!打っでない!インフルエンザワクチン接種してインフルエンザになるのは免疫力や抵抗力をナキモノにするからなんだよ!

いい加減に気付いてください!

参照元 :
ベジ漫画Natsumiのビーガン日和



テレビで子宮頸がんワクチンのCMを流し、日本国民を洗脳。子宮頸がんワクチンの正体は「日本民族根絶やし計画」絶対に打つな!





ビル・ゲイツ - 新しいワクチンをホントにうまく使えば、世界人口を減らせる!

TUESDAY, MARCH 2, 2010

画像

マイクロソフトの総帥。ウォーレン・バフェットから巨額の資金ももらってビル&メリンダ財団を通して世界中にもっとワクチンを送り込むというビル・ゲイツの今年(2010年)2月の講演から。

ロスチャイルドの手下、モーリス・ストロングや核産業としっかり結びついているゴアの大嘘、温暖化人為説をここでも大きく取り上げて、今後我々が如何に二酸化炭素を減らさなければいけないか、と聴衆に語りかけています。

画像

そのなかで、ゲイツは

"The world today has 6.8 billion people. That's heading up to about nine billion. Now if we do a really great job on new vaccines, health care, reproductive health services, we could lower that by perhaps 10 or 15 percent."

「今、世界人口は68億で、90億に向かっているところです。さて、もし私たちがここで新たなワクチンや医療、生殖健康サービス(要するに中絶推進)を本当にうまく使えば、多分これを10%から15%程度は減らせるでしょう」

と言っている。

このビデオをアップしてくれたgrinreaperdutchphilがいみじくも書いていますが、
http://www.youtube.com/grinreaperdutchphil

Basically all the properties that impede people to either have children, or rear them. In other words, Gates implicitly advocates a definition of his favorite kind of vaccine to be able to induce infertility, sterility and (early onset) senility (autism) alike. Note that Gates does not mention a word on the much touted purported intention of vaccines: to offer protection against relevant diseases and therefore as such, precisely prolong life.

人々が子供を生み、育てることを妨げるような性質。つまりゲイツは彼の好きなワクチンとは、早い段階から不妊や老化(自閉症)などを引き起こすものだと暗に示唆している。彼は、「病気を予防し、それによって人命を永らえさせる」というワクチンの目的として喧伝されている性質にはまったく言及していないことにご注目!

そうです、本来私たちが常日頃言われていることが本当ならば、ワクチンや医療などは人々の命を守り、健康にしてくれるものであり、決して人口削減に役立つものではないはずです。

今、日本で発売が開始され話題になっている子宮頸癌ワクチンも、米・豪で主に打たれているガーダシルは最低48人は殺しているし、日本で売られているサーバリックスにしても英国などで最低14人は殺している模様。他に重度の障害を負ったり、様々なダメージを受け、その内不妊症であることを思い知らされることになる女性がどれほどいることか!

#当ブログの「参照元 : 子宮頸癌ワクチンは打たないで!」シリーズ参照

その後、"S"=サービスの部門中、食べ物、服、暖房と並べてテレビは「大変いいことです」と言い、続けて「貧困をなくすことは、こうしたサービスを世界中の人々ほぼ全員に供給すること」また、そうしたサービスを受けられる人間の「数が増えることは素晴らしいが、金持ちの国々では減らすべきだ」と語っています。

彼等イルミナティの市民を洗脳する道具であるテレビが「とてもいいこと」なのは当然だし、洗脳できる対象の総数が増えるのはきっと大歓迎でしょう。

その後、これから50年後に実現していてほしいことというテーマの話の中でも彼は再び

「ワクチン、僕はワクチンが大好きですが...」と語っています。それって、ゲイツは人殺しが大好きだということでしょう。

参照元 : 同時多発テロはヤラセだよ!







ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
危険な"子宮頸がんワクチン"を推進した自民党の三原じゅん子、公明党の浜四津敏子、松あきらは辞職しろ 貴方の知らない日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる