貴方の知らない日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相が今頃になって靖国参拝 薄っぺらいパフォーマンスは英霊に失礼

<<   作成日時 : 2013/12/26 17:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍首相が靖国参拝したことを、自民党・安倍応援団の壺売り産経新聞が鼻息荒く報道してます。ネトウヨを意識した安倍の参拝アピールに安倍カルト信者やネトサポどもは大はしゃぎしてます。


安倍首相、きょう靖国参拝 政権1年、就任後初

2013.12.26 10:26

画像

安倍晋三首相は政権発足から1年となる26日午前、靖国神社に参拝する。首相による靖国参拝は平成18年8月の小泉純一郎首相以来、7年4カ月ぶり。首相は第1次政権時代に参拝しなかったことについて、かねて「痛恨の極み」と表明しており、再登板後は国際情勢などを慎重に見極めながら参拝のタイミングを探っていた。「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のことだ」と主張し続けた首相が、参拝に反発する内外の圧力をはねのけ、参拝を実行した意義は大きい。

「痛恨の極みとまで言った以上、その発言は重い。戦略的にも考えている」

首相は25日夜、周囲にこう語り、靖国参拝の可能性を示唆していた。10月半ばにも周囲に「年内に必ず参拝する」と漏らしていた。

首相は昨年12月、いったんは就任翌日の27日に靖国に「電撃参拝」することを計画したが、このときは周辺に慎重論が強く、見送った。就任直後でまだ中国、韓国など近隣国や同盟国の米国の反応や出方が見えにくかったこともある。

だが、その後も中韓は、首相が「対話のドアはいつでも開かれている」と呼び掛けているにもかかわらず、首脳会談に応じようとしていない。それどころか、韓国の朴槿恵大統領は世界各国で対日批判を繰り返し、中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に一方的に防空識別圏を設定するなど、一切歩み寄りを見せない。

また、戦没者をどう慰霊・追悼するかはすぐれて内政問題であり、東アジア地域で波風が立つのを嫌う米国も表立った反対や批判はしにくい。米国とは安全保障面や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など経済面での関係を強化しており、首相は反発は一定レベルで抑えられると判断したとみられる。

参照元 : 産経新聞

http://p.tl/LFJb



安倍首相が靖国神社に参拝 政権1年 就任後初 「恒久平和の誓い、お伝えした」

2013.12.26 11:33

画像

安倍晋三首相は政権発足から1年となる26日午前、東京・九段北の靖国神社に参拝した。首相による靖国参拝は平成18年8月15日の小泉純一郎首相以来、7年4カ月ぶり。首相は第1次政権時代の不参拝について、かねて「痛恨の極み」と表明しており、再登板後は国際情勢などを慎重に見極めながら参拝のタイミングを探っていた。首相は参拝後、記者団に「この1年の安倍政権の歩みをご報告し、二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代をつくるとの誓い、決意をお伝えするためにこの日を選んだ」と語った。

同時に、靖国境内にある世界のすべての戦没者を慰霊する「鎮霊社」にも参拝した。その上で「恒久平和への誓い」と題した「首相の談話」を発表し、「中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは全くない。中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたい」と訴えた。

「痛恨の極みとまで言った以上、その発言は重い。戦略的にも考えている」

首相は25日夜、周囲にこう語り、靖国参拝の可能性を示唆していた。10月半ばにも周囲に「年内に必ず参拝する」と漏らしていた。

首相は昨年12月、いったんは就任翌日の27日に靖国に参拝することを計画したが、当時はまだ中国、韓国や同盟国の米国の反応や出方が見えにくかったこともあり見送った。

だが、その後も中韓は、首相が「対話のドアは常に開かれている」と呼び掛けているにもかかわらず、首脳会談に応じようとしていない。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は世界各国で対日批判を繰り返し、中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に一方的に防空識別圏を設定するなど、一切歩み寄りを見せない。

また、戦没者をどう慰霊・追悼するかはすぐれて内政問題であり、東アジア地域で波風が立つのを嫌う米国も表立った批判はしにくい。米国とは安全保障面や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など経済面での関係を強化しており、反発は一定レベルにとどまると判断したとみられる。

参照元 : 産経新聞

http://p.tl/qVxV
http://p.tl/XsyP


安倍首相の靖国公式参拝について、予想通り中韓が反応、強烈に批判してます。飼い主の米国からも批判される有様。安倍は真性のアホなのか?


<安倍首相靖国参拝>日本の経済界衝撃、米国も批判―中韓との関係改善遠のく

2013年12月26日 14時45分

画像

2013年12月26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、中国、韓国など東アジア諸国が強く反発している。尖閣諸島や竹島など領土問題や歴史認識で対立する中韓との緊張がさらに高まるのは必至。両国との関係改善を希求する経済や文化界は衝撃を受けている。また東アジアの平和と安定を望む米国も戸惑いを隠せないようだ。

安倍首相に近い経済界、官界、労働界、学識経験者らで構成される日本アカデメイア(共同代表=牛尾治朗ウシオ電機会長)が最近まとめた「日本の長期ビジョン」中間報告では「中国や韓国との歴史対話」の必要性を強調していただけに、このビジョンに参画した関係者の多くがこの時期の靖国参拝に疑問を呈している。

特に経済界は、経済再生を最優先に掲げて、持論の憲法改正や歴史認識の見直しなどは当面封印することを要望、「安倍首相も理解してくれている」(日本経団連幹部)と楽観視していただけに、「首相参拝により中韓との関係改善が先送りになれば日本経済の先行きに少なからぬマイナスになる」(大手メーカー幹部)と顔を曇らせる。

米国も首相の靖国参拝を問題にしている。米外交関係者は「日本と中国・韓国の関係悪化は、米国にとっても望ましくない。日米同盟にとっていい影響はない」と批判した。今秋来日したケリ―国務長官とヘーゲル国防長官はあえて千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪ねて祈願。A級戦犯が合祀されている靖国神社は認めないとの強い意思表示とされた。安倍晋三首相が今年8月15日の終戦記念日に靖国神社参拝見送りを決めた際、メネンデス米上院外交委員長は、「未来を見据えた決断であり、日本が地域や国際社会に貢献しようとしているのであれば、未来を見据えることは非常に重要だ」と評価していた。

「靖国参拝」の後には、憲法改正の「露払い」とされる集団的自衛権の行使解禁問題が控えているとされる。特定秘密保護法と同様、大きな論議を巻き起こすのは必至。東アジアの平和と経済相互発展にも暗い影を落としそうだ。(取材・編集/SK)

参照元 : Record China

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80988&type=



在日米大使館「失望している」 安倍首相の靖国神社参拝

2013年12月26日15時08分

【ワシントン=大島隆】在日米国大使館は26日、安倍晋三首相が靖国神社を参拝したことについて、「近隣諸国との関係を悪化させる行動を取ったことに、米国政府は失望している」との声明を発表した。米政府が日本の首相の靖国神社参拝を公式に批判するのは極めて異例だ。

声明はまた、「米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する」とし、今後の安倍首相の対応を注視する考えを示した。

参照元 : 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312260172.html


安倍晋三の参拝アピールに韓国民団や在日韓国人からも「パフォーマンス」「どさくさ紛れでひきょう」などと批判の声。


「どさくさ紛れひきょう」と批判の声

2013年12月26日12時22分

突然の首相の靖国神社参拝に、在日コリアンの関係者からは「パフォーマンス」「どさくさ紛れでひきょう」と批判の声が上がった。

市民団体「コリアNGOセンター」(大阪市生野区)の郭辰雄代表理事(47)は「中国、韓国を含めアジア諸国が反発する中での参拝で政治的な緊張が高まる可能性がある。より慎重に対応すべきだ」と話した。

在日本大韓民国民団(民団)中央本部の幹部は「来年に向け日韓関係改善の動きを期待していたが、冷や水を浴びせられた。あまりに唐突。年末のどさくさに紛れさせるひきょうな手段と受け取られても仕方がない」と厳しい口調で批判。

韓国大使館関係者も「驚いた。南スーダンに展開中の韓国軍に銃弾を提供して恩を売ったから、今なら反発が少ないと考えたのかもしれない」と指摘した。

大阪市生野区のコリアンタウンで食料品店を営む在日韓国人2世の宮本翼成さん(49)は「やっぱり、という感じ」と冷ややかだ。「国民や中韓に強い日本を見せるという、薄っぺらいパフォーマンスにしか見えない」と断じた。

大勢の華僑が飲食店を営む横浜中華街では、老華僑の男性(73)が「日中関係がこれだけ悪くてもお客さんは来てくれている。中華街と政治は関係ない。参拝の影響もすぐには出ないだろう」と冷静に話した。ただ就任1年での参拝に「中国政府や日本国民がどう受け止めるかの方が気になる」と付け加えた。(共同)

参照元 : 日刊スポーツ

http://p.tl/lp_C


韓国政府関係者からは「靖国参拝したら日韓関係終わりだ」「(銃弾提供は)助けたことは忘れろ」と批判の声。日韓関係が終わっても、別に構わないのですが、安倍の唐突な靖国参拝は薄っぺらいパフォーマンスとしか思えません。


安倍首相靖国参拝 韓国政府関係者「参拝したら日韓関係終わり」

2013/12/26 11:57

安倍首相の靖国参拝は、韓国や中国でも、速報で伝えられている。政府当局の公式な反応はまだないが、韓国政府のある関係者は、FNNの取材に、首相が靖国に参拝したら、日韓関係は終わりだと語った。

韓国では、特に日本に批判的なマスコミを中心に、南スーダンのPKO(国連平和維持活動)で、自衛隊が弾薬を提供した件をめぐって、安倍政権の軍事拡大に向けたアピールだとの批判が起きている真っ最中。

26日朝、国防省の会見では、経緯について、日韓で食い違う部分を厳しく追及された報道官が、「助けたことは忘れろという言葉があるでしょう」とまで述べて、日本批判を展開したほど。このため、今回の参拝で、もともと右翼的とみられていた安倍政権への反発が、いっそう強まるのは必至で、日韓関係が、さらにこじれるのは間違いない。

いまだ開かれていない安倍首相と朴槿恵(パク・クネ)大統領との首脳会談も、これでますます遠のいたとみられる。
日本側の日韓関係当局者は、「どのみち、すでに日韓関係は悪かったから」と、ため息交じりで話していた。

参照元 : FNNニュース

http://p.tl/tQgw




究極の売国奴である安倍晋三が今更、靖国参拝しようが、偽装愛国者が「ネトウヨや安倍信者」に薄っぺらな愛国アピールしてるだけにしか思えません。

TPPで国を売り飛ばそうとしてる売国奴が靖国参拝しても、命懸けで日本を守り、散って行った英霊の方々に失礼。

いつ参拝しようが中韓から批判されるのに、なぜ8月15日に参拝しないのか?

なぜ今頃になって靖国参拝?12月26日に参拝しても中韓から批判されるのは同じ事なのに、安倍は何がしたいの?むしろ安倍のような売国奴に靖国参拝されたら迷惑。

>「痛恨の極みとまで言った以上、その発言は 重い。戦略的にも考えている」 首相は25日夜、周囲にこう語り、靖国参拝の可能性を示唆していた。

いい加減、靖国を政治利用するんじゃないと言いたい。

TPPや移民政策、留学生30万人計画、永住資格の緩和、パチンコ換金合法化、道州制、水道民営化、カジノ構想などを推進してる売国奴が靖国参拝しても英霊に失礼。日韓議連の副幹事長である安倍晋三に日韓断交など出来るわけがない。

安倍の薄っぺらな参拝パフォーマンス、猫騙しがバレバレ過ぎて、逆にイラッとします。靖国参拝して支持率上げようなんて姑息なことやってる暇があったら、消費税増税を白紙に戻して、凍結せよ。TPP交渉参加から直ちに離脱せよ。そうすれば支持率はウナギのぼりになる。なぜやらない?薄っぺらなパフォーマンスだからだよ。

安倍晋三から日本を取り戻す!嘘つきは安倍の始まり。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相が今頃になって靖国参拝 薄っぺらいパフォーマンスは英霊に失礼 貴方の知らない日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる