貴方の知らない日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 【売国】安倍内閣がTPP実質合意か?

<<   作成日時 : 2014/04/27 06:30   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

TPP実質合意

TPPに反対して下さい。

TPP参加が迫ってます。日本は主権を奪われ、植民地になろうとしてます。この危機を周りの人に知らせて下さい。政治家への反対の声を伝えて下さい。一人一人が少しでも行動して下さい。


TPP日米交渉 事実上合意、懸案項目全てで着地点

2014年4月26日17:33

画像

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の日米交渉は、農産品や自動車など懸案だった全ての品目について着地点を見出し、事実上合意していたことが明らかになりました。

(Q.声を荒らげることもおありになったということですか?)
「この温厚な私がですから、いかに大変な交渉だったかおわかりいただけると思います」(甘利明TPP担当相)

26日朝、TBSの番組に生出演した甘利明TPP担当大臣が、し烈な日米交渉の舞台裏を語りました。

「“辞表を出してもこれ以上は前に出ないぞ”と言ったら、(フロマン代表は)“頼むから辞めると言うな”と。“(甘利大臣が)諦めたらまとまらない”と思ってる。(甘利大臣も)“私が断念せざるを得ないところまでは要求するな”と。(フロマン代表も)“自分が議会を説得できないことまで要求するな”と」(甘利明TPP担当相)

日米共同声明に書き込まれた重要な課題について前進する道筋を特定したという表現。一体、交渉はどこまで進んだのでしょうか。JNNの取材で、日米交渉は懸案だったすべての項目について着地点を見出し、事実上、合意していたことが分かりました。

その内容ですが、まずは豚肉の問題。現在の1キロ当たり400円台という関税について、アメリカは実質ゼロに近い水準まで引き下げるよう求めていましたが、双方が提示する条件の中間点でまとまった模様です。次に、コメ、麦、乳製品については、特例の措置などをとって関税を維持するほか、牛肉は大幅な関税の引き下げで一致しました。そして、自動車については、アメリカ側の安全基準を緩めるといった要求に対して、日本側が特例を設けることなどで大筋で合意しました。

日本側としては、農産品5項目の関税ゼロは一応免れた形となり、来月行われる参加12か国による全体会合での妥結に向け、大きく前進したことになります。朝の番組で甘利TPP担当大臣は、「実質合意や大筋合意ではない」とした上で、こんな表現を使いました。

「“方程式合意”。具体的にこうするということを確定したわけではない。日米間でこういうふうにまとめていこうという道筋ができたということ」(甘利明TPP担当相)

そして、交渉の段階を登山に例えた質問には、こう答えました。

「7、8合目くらいかな。9合目まではいかないという感じ」(甘利明TPP担当相)

参照元 :
TBSニュース





他の報道でも「実質合意」の文言があります。


12か国交渉に弾み…TPP、日米実質合意

2014年04月26日 08時49分

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、要となる日米両国が実質的な基本合意に至ったことで、交渉参加12か国全体による早期の妥結が現実味を帯びてきた。

今後の焦点は、日米以外の2国間の関税交渉や、全体でまとめるルール作りに移る。ただ、日米間でも細部の詰めが残っているほか、米国で議会が大統領に通商一括交渉権(TPA)を付与していないことなど、課題も少なくない。

◆現状を打開

米政府高官は25日、日米協議の結果について「双方、現状を打開したと感じている。(日米協議の)進展はほかの国との交渉に勢いをつける」と総括した。

12か国は5月中旬に、ルール作りを協議する首席交渉官会合をベトナムで開催する予定だ。さらに、今回、日米協議が前進したことにより、高官は「5月半ばには、TPP担当閣僚会合も開催される」との見通しも示した。日米協議がまとまることで「乳製品などの市場を開放しようとしなかったカナダも追随する」(元米通商代表部幹部)とみられ、各2国間の関税交渉が加速すると期待される。

5月の閣僚会合で交渉を妥結できれば、細かい条文の策定作業に移り、年末までの合意文書の署名も視野に入ってくる。

参照元 :
読売新聞



飛ばし報道の可能性もなくはないでしょう。しかし一年前の、三橋貴明がいう「マスコミの飛ばし」を信じて抗議しなかったら、交渉参加されたという事例があります。絶対に安心してはいけません。

TPPについて触れると、工作員は「最初に言いだしたのは民主党だ!」と言いだしますが、自民党に踏襲する義務はありません。TPP参加で日本を植民地化しようとしてるのは、完全に自民党の意思です。

画像

画像

自民党が民主党を遙かに上回る売国政党であることは、間違いありません。

「他に支持する政党がない」という意見を見る事がありますが、この一年半の凄まじい売国を見る限り、自民党は最悪の選択肢でした。

安倍を自民党を叩かない限り、国民に害を与え続けるのですから、次の投票先はどうあれ、安倍・自民党を叩くしかありません。

今はとにかく、12ヶ国による妥結阻止の為の抗議をお願いします。

「妥結したら支持しない」
「この国賊!」
「自民党を潰す!」


安倍・自民党はTPPの百害をわかった上で進めてる確信犯です。TPPの害を説明するやり方は無駄でしょう。とにかく責めたてて下さい。

「明日になったら抗議する」

その「明日」がなくなるかもしれないのです。どうか「今」抗議して下さい。お願いします。



国賊・日本の敵・悪魔・売国奴の安倍壺三はTPP参加する気満々です。


TPP「数字超えた観点で妥結めざす」 首相が表明 都内で講演 法人税下げにも改めて意欲

2014/4/17 11:09

画像

安倍晋三首相は17日午前、都内で講演し、日米で大詰めの交渉を続けている環太平洋経済連携協定(TPP)について「数字にこだわることも重要だが、それを超えたもっと大きな意味があるという高い観点から、最終的に妥結を目指していきたい」と述べ、早期妥結に意欲を示した。

法人税については「日本への直接投資を考える際に税率が極めて大きな要素になっている」と語り、実効税率の大幅な引き下げに重ねて意欲を示した。

首相は中国について「尖閣諸島もそうだが、東シナ海、南シナ海で、力を背景とする現状変更にチャレンジしている」と批判した。靖国神社に関連して「追悼の中心的な施設で、遺族の気持ちもそうだ。国が今度はこちらの場所でといって済むものではない」と述べ、新たな追悼施設の設置に否定的な考えを重ねて示した。

参照元 :
日本経済新聞





アメリカが偉い調子こいてます。まあ最初から分ってたことですけどね。詐欺師・壺三を絶対許さん!


TPP、米が自動車輸入目標要求 日本強く拒否

2014/04/21 19:13

環太平洋連携協定(TPP)交渉の日米協議で、米国が、自動車の輸入台数に年間目標を設けるよう日本に要求していることが21日、分かった。要求は、目標を下回れば米国が自動車関税(乗用車は2・5%)の撤廃を先送りする仕組みとなっている。日本は「事実上の関税維持だ」と、強く拒否している。

11月の米議会中間選挙をにらみ、オバマ政権が有力な支持基盤である自動車業界への配慮を強く打ち出す狙いがありそうだ。日本は「聖域」とする重要農産物5項目の関税維持を強く主張している。5項目で譲らない日本に対抗し、自国の聖域の自動車を守る姿勢を強めた。 【共同通信】

参照元 :
47NEWS



明らかなゴミを売りつけようとしても誰も買わない。米国は買って欲しけりゃ売れるものを作れ。ガラクタなど誰も買いません。ましてやガソリンの値段が高騰してるこのご時世に、無駄にデカくて燃費の悪い車に誰が乗るんだよ?押し売りと変わらないレベル。


ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【売国】安倍内閣がTPP実質合意か? 貴方の知らない日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる