貴方の知らない日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党の色あせた保守本流 実際は売国「安倍カラー」一色に染まった反日売国集団

<<   作成日時 : 2014/06/18 01:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

色あせた「保守本流」、現実は「安倍カラー」一色

2014.6.17 19:15

画像

どうにかこうにか高い支持率を保ち、外交・安全保障、経済などで、こうと信じる政策を推し進める安倍晋三首相(59)の政権運営をながめていると、戦後、自民党政治を特徴付けるキーワードとしてよく用いられた「保守本流」という概念が色あせてくる。これまで、「本流」とされたあらかたが「傍流」に追いやられ、「傍流」が「本流」となっているからだ。

森政権以降

自民党史をひもとくと、「保守本流」といえば、吉田茂元首相の系統に属し、政治路線では「護憲」「軽装備」「対米協調」をとり、経済政策は財政出動によって需要創出する所得の再分配を重んじた。現在の額賀派(平成研究会)、岸田派(宏池会)である。

「本流」とされるにふさわしく、田中角栄政権から小渕惠三政権に至る15人の首相のうち自民党総裁から首相に就いた12人をみると、7人が両派の領袖クラスであり、そうでなくとも両派が支持することで政権が誕生したケースが多く、表裏にわたり政界で影響力を保持してきた。

ところが、森喜朗政権以降となると、8人の首相のうち、民主党政権の3人を除けば、4人が町村派(清和政策研究会)と、風景は一変する。町村派は、安倍首相の出身派閥で、祖父に当たる岸信介元首相の流れをくんでおり、自民党では長らく、「保守傍流」と位置付けられてきた。

ちなみに、岸氏は1952年、町村派の源流となる「日本再建連盟」を結成。スローガンには「自主憲法制定」「自主軍備独立」「自主外交展開」を掲げており、憲法観などは町村派の政治的立ち位置とほぼ重なる。経済政策でも、平成研などと異なり、市場原理主義を重視しているとされる。

安倍政権は高い支持率を追い風に、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の変更や、憲法改正の手続きを定めた96条の改正など、いわゆる「安倍カラー」に彩られた一群の政策課題を推し進めていく考えだ。対中、対韓外交でも腰砕けになるような素振りはさらさら見せない。

政界ではもはや死語

自民党史にならって言えば、森政権以降、「保守傍流」が「本流」になったわけで、ことに第2次安倍政権で極まった感がある。となれば、現在の政治状況に照らすと、「保守本流の本家」が清和研いう見方もあながち的外れではない。

もっとも、ある自民党幹部は「『保守本流』という言い方は、もはや政界では死語になっている。政界の本質をついていない」と指摘する。よしんば今は清和研が「本流」だとして、政策的志向の異なる宏池会の所属議員が安倍政権の外交・安全保障を担い、協力的な姿勢をとっている。つまるところ、「派閥間の政策的な差異が希薄になっている」と、この自民党幹部は言う。

「安倍カラー」一色

実際、安倍首相は2012年9月の自民党総裁選で、「安倍カラー」の政治理念を共有する超党派の保守系議員連盟「創生『日本』」に所属する自民党議員に担がれ、麻生派(為(い)公(こう)会)などの支持も得ることで、再選された経緯がある。所属する清和研からは町村信孝会長が出馬し、町村派は分裂選挙となった。

野中広務、加藤紘一の両元幹事長ら安倍首相に批判的な大物議員が引退していたり、財政状況が逼(ひっ)迫(ぱく)しているため安易な財政出動が困難という制約もあったりして、「安倍カラー」一色が当たり前のような政治状況を醸している面もある。

となれば、気になるのは、振り子がある一方に振れすぎてしまうと、その反動は大きく、どうかすると、安倍首相の後は混乱を招くということである。振り子の振幅が大きければ大きいだけ、混乱も増幅しかねない。(松本浩史)

参照元 : 産経新聞



この記事を書いた記者はアホなのか?まあ壺売りCIA産経だから仕方ないか・・・

そもそも自民党が保守本流だとか、保守系議員がどうたら、ちゃんちゃらおかしいわw 自民党は保守や愛国を利用しただけの偽装・保守本流であって、元から反日売国政党だろ。安倍や麻生など、自民党を代表する売国政治家。

元々、数々の売国法案を成立させてきたのも自民党。ネトサポを利用して、あたかも保守本流のように書き込みさせ、情報操作やネット工作してきた。再び政権を取り戻したので、ここぞとばかりに本性を剥き出しにして、売国を隠さなくなっただけの話。

自民党・安倍内閣の正体は、外人投資家や外国人労働者、移民推進の売国亡国、非日本人化政権である。

最近、おっちょこちょいな自民党支持者からも、「安倍さん、どうしちゃったの?」とか、「自民党もダメだな」という声があがってるが、安倍や自民党は元から売国です。えっ?今更?って感じ・・・

小林よしのり:「自称保守派、改憲派の人々の靖国神社に対する言動が、わしから見れば左翼にしか見えないということに気付いてほしい。それがわからないと、反戦平和の人々は、自称保守派を相手に、戦えないと思う。わしから見れば、安倍首相も、櫻井も、慎太郎も、田母神も、靖国神社に無知な左翼に過ぎない。」



小林よしのり

ー 右翼、左翼、保守の分類  なんせ自民党が「保守」と思ってる馬鹿がいるくらいだから。−

今日、そもそも総研の玉川氏がやって来たが、「自分まで左翼と言われることがあって心外だが、そもそも右翼とか左翼って何ですか?」と聞かれた。

マルクス主義による革命が幻想と化して、最近では反戦平和で護憲派が「左翼」で、戦争もあり得べしの改憲派が「右翼」という分類になってしまった。 この感覚はわしの『戦争論』で「うす甘いサヨク」などの言葉で、反戦平和的な言説を無化してしまったことにも原因があるかもしれない。

だがあのとき、「保守」という概念の必要性を失念していた。 「保守」という概念も定義があやふやで、産経新聞の論壇は全然わかってないし、ネット右翼あたりは考えたこともないだろう。

自民党が「保守」と思ってる馬鹿がいるくらいだから。

玉川氏に聞かれてから説明に苦慮し、数時間後、わかりやすい説明方法が思いついたから、幻冬舎で出すスペシャル本で描こうと思う。取材を受けて質問に答えたりしているときに、アイデアを思いつくこともある。そういうときは収穫だったと思う。




安倍カラー一色とは、つまり、新自由主義、国家社会主義色を隠さなくなったということ。安倍の独裁、安倍のテロ、安倍のわがままし放題。

安倍政権だよ、全員、平蔵!

作詞 : 東田剛
歌 : ドリルターズ






ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党の色あせた保守本流 実際は売国「安倍カラー」一色に染まった反日売国集団 貴方の知らない日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる