貴方の知らない日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 【恥ずかしい大人】安倍首相は「すぐにキレる」 その理由は被害妄想

<<   作成日時 : 2014/12/29 21:03   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍首相はすぐキレる? その理由は被害妄想…

2014/12/24 07:00

画像

案の定、自民党の大勝だった衆院選挙。安倍晋三首相(60)は今後、掲げた政策は「全て信認された」と強気にアクセルを踏み込む。安倍1強体制は2015年も盤石なのか? 野党各党に選挙戦略はあったのか? 東大大学院教授(社会経済学)の松原隆一郎氏と放送大教授(政治学)の御厨(みくりや)貴氏が、鋭く迫った。

松原:選挙戦を振り返ると、今回は「アベノミクス選挙」と呼ばれて、小泉純一郎元首相のときの郵政選挙と比較されました。でも、この二つは似ているようで違う。小泉さんは、郵政改革という短期的な一つの政治課題だけに絞って選挙を仕掛けて、圧勝しました。一方の安倍さんは、「この道しかない」と言って2年やったアベノミクスの継続を訴えましたが、原発や社会保障政策など、個別の政策はほとんど争点になりませんでした。

御厨:アベノミクスで「景気が良くなっている」と繰り返して、でもそれが「実感として見えていない」と話す。だから「これを継続しよう」。有権者にうまく期待感を持たせることに成功しました。

松原:アベノミクスの成果として「雇用が100万人増えた」など、数字を次々に出していました。

御厨:それに対する野党の反論は情けない。「行きすぎた円安はよくない」とか反論しても、有権者には伝わりませんよ。民主党は、下野してから2年間、何もしていなかったということです。

松原:雇用、賃金、女性政策など、投票日までに次々にテーマを変えて、争点をずらしていった。国民に深く考える時間を与えなかった。選挙戦略としては成功でしたね。

御厨:安倍さんは自民党内に対しても、増税延期反対派をものすごいスピードで切り崩した。谷垣禎一幹事長なんか、消費増税の合意を民主党とまとめた当事者なのに、コロッと転がってしまった。野田毅党税調会長も、選挙での公認を外すと脅かされると、黙ってしまった。織田信長が今川義元を破った「桶狭間の戦い」のように、奇襲作戦で相手が反撃の態勢を整える時間を与えなかった。

松原:それにしても、安倍さんは選挙戦では何度もキレてましたね。開票日の選挙特番では、日テレのキャスターからの質問にイヤホンを外して、持論をまくしたてていました。一国の首相が公の場所でキレることはよくないと思うけど、安倍さんはすぐに怒りますね。

御厨:安倍さんは、自分が正しいと考えていることをメディアに上手に説明できない人なんですよ。私が第1次安倍政権のときにしたインタビューでも、「自分は小泉さんのようにはしゃべれない」と話していた。被害妄想、コンプレックスがあるんでしょうね。

松原:小泉さんはテレビ向けの政治家だったけど、安倍さんはツイッターやフェイスブックで訴えるインターネットの人と感じます。

御厨:感情的になればなるほど、盛り上がる。

松原:感情を表に出して好きなことを言って、賛否両論が入り乱れて“炎上”しても気にしない。キレ芸。その割には支持率が下がることもない。橋下徹大阪市長と同じタイプです。

御厨:安倍さんにとって今回の解散は、自分のやってきたことの自己確認だった。選挙結果がよかったから、正しいことをしてきたと思っているのでしょう。

※週刊朝日 2015年1月2‐9日号より抜粋

参照元 : dot.



国民の声に耳を傾けず、逆切れする安倍晋三は恥ずかしい大人、いや子どもです。低学歴とステロイドの影響か?薬の副作用が出てるのかもしれない。

安倍、ネトウヨ&ネトサポ(J-NSC)&安倍信者、産経新聞、

自称「愛国者」気取りのくせに、日本の不利益になる結果しか招かない生まれついての反日売国奴。

安倍は総理の器ではなく、国民に人気が無い。



「嫌いな政治家」断トツ1位は“安倍総理”「好きな」では4位…『サンデー毎日』ランキング

2014.12.28 06:00

画像

各誌新年合併号、合併号といえばワイド特集で、

『週刊文春』(1月1日・8日新年特大号)が「消えた女・男・事件」とベタなタイトルで34本。

『週刊新潮』(1月1・8日新年特大号)「羊の皮を被った狼、虎の皮を着た羊」でグラビアを含め26本。

『週刊朝日』(1・2−9新春合併号)「羊たちの冒険」20本。

ま、すぐ読めてそれぞれにおもしろいのだが、珍しくちょっと工夫が見られるのが、『サンデー毎日』(1・4−11新春合併号)で「2015開運なんでもランキング24連発」。好きな芸能人、嫌いな芸能人から始まって人気のお取り寄せグルメ、長生きの街などなど。

つい見てしまうし、話のネタになる。

ちなみに嫌いな政治家はダントツで安倍晋三総理が1位(好きな方では4位)だが、調査は選挙戦直前、対象者が、毎日新聞読者のTポイント会員1908人。ま、あれだけ新聞が安倍内閣批判記事を連発してた時期だから、仕方あるまい。

ワイド特集もいいが、少し長目の読み物としては『週刊現代』(1・3−10)の「立派だった日本人ベスト100人」24ページが読ませる。

政界、財界、芸能界などジャンル別に2人の評者が20人ずつ選んでいくのだが田原総一朗さんと田崎史郎さんが選んだ政界の1位は岸信介。

〈「あの国民の猛反発の中で日米安保改定を成し遂げたということを考えると、岸に軍配が上がるかなあ」「安保改定で日本も戦争に巻き込まれると。でも、そうじゃなかった」(田原)〉

秘密保護法や、集団的自衛権反対狂騒曲もその二の舞いなのでは。

長めの読み物では『ニューズウィーク日本版』(12・30/1・6)の「2015年の世界を読み解く」22ページは必読。

同誌では知事辞任後の猪瀬直樹さんが寄稿「安倍と祖父・岸信介の『共通認識』」。物書きとしての再出発を祝す。

『文春』の名物グラビア「顔面相似形」は年々つまらなくなる。ひとつも笑えなかった。(『WiLL』編集長)

参照元 :
産経新聞








国会でもキレる安倍ぴょん。







民主党の野次にキレる安倍壺三。沸点が低すぎる安倍ぴょん。







菅直人に敵対心むき出しでキレる安倍晋三。







村尾信尚キャスターにブチ切れる幼稚な安倍晋三。相手の質問を無視して喋り続ける安倍ぴょん。







芸能人・有名人・マジギレ3本立て



ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【恥ずかしい大人】安倍首相は「すぐにキレる」 その理由は被害妄想 貴方の知らない日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる