貴方の知らない日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 創価学会の家族に不幸の連鎖が起こる理由

<<   作成日時 : 2015/02/06 06:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

欧米諸国やフランスなどで、「カルト・セクト団体」に指定されている創価学会ですが、学会員(信者)の親から子供へと吐き出されるストレスは、ドメスティック・バイオレンス(DV)と呼ばれる精神的暴力や肉体的暴力となり、世代を超えて連鎖していきます。

子供は力も弱く、経済力もなく、家庭では最も弱い立場です。創価学会に洗脳された親の家庭で育った子供は、ドメスティック・バイオレンス(DV)として世の中に知られている肉体的な暴力のみならず、基本的人権である、『信教の自由』を侵し、経済力にモノを言わせた強制や、言葉の暴力などの精神的暴力を、性格が形成され始める幼少期より長期間受け続けて育ちます。

創価学会の学会活動や日々の唱題や選挙活動によって溜まった親のストレスの吐き出し先になってしまった子供たちは、感情を押さえつけることを強制され、自分の感情の吐き出し方を身につける事が出来ません。

結果として、『宿命転換』が出来ないだけではなく、不幸の連鎖が起こり、親と同じストレス体質が身に付きます。

このように創価学会の家庭に育った子供が成長し、結婚差別に遭いながらも結婚し、親となった時、悪い事だとは知りつつも、学会活動で溜まったストレスを自分の子供に爆発させてしまうのです。

こうして、世代を超えて創価学会家庭の中で、ストレスと不幸が連鎖していくのです。

創価学会信者の親から育った子供は、鬱病や家庭内暴力、登校拒否などになり易く、自分が親になった時に子供にドメスティック・バイオレンス(DV)をしてしまうことがありますが、それは遺伝ではなく、こうして学会活動や唱題(南無妙法蓮華経を唱えること)のストレスが連鎖する事が原因なのです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
創価学会の家族に不幸の連鎖が起こる理由 貴方の知らない日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる