貴方の知らない日本

アクセスカウンタ

zoom RSS お酒を継続的に摂取すると脳組織に悪影響を与えるが、大麻の使用は脳組織に悪影響を与えないという研究結果

<<   作成日時 : 2012/12/30 02:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

アルコールが脳組織に悪影響を与えるのに対して、マリファナは脳に無害という研究結果

2012年12月29日

画像

2012年12月初旬に、ワシントン州で嗜好用のマリファナが合法となったばかりのアメリカ。今もマリファナ合法化をめぐる議論が熱く繰り広げられている。

そんな折にまたしてもマリファナ摂取に関する新しい研究結果が発表された。それは「ティーンエイジャーがアルコールを継続的に摂取すると脳組織に悪影響を受けるのに対して、マリファナの使用は脳組織に悪影響を与えない」というもの。この研究を紹介した米メディアのハフィントンポスト上でも議論が大加熱中だ。

今回の研究はカリフォルニア大学サンディエゴ校の脳科学研究者たちが行った。研究対象は16歳から20歳の92名で、半数は以前からアルコールとマリファナを使用しており、研究期間の一年半の間もアルコールとマリファナをそれぞれ継続して摂取した。もう半数の被験者は、アルコールとマリファナを全く摂取しないか、ごくわずかな量を摂取した。

研究チームが一年半の研究期間の前と後で対象者の脳をスキャンして調べたところ、週二回以上、5杯以上のアルコール飲料を飲んでいた被験者グループは、脳の白質が減少していたという。白質が減少しているというのは、記憶力、注意力、意思決定力が低下する可能性があるということらしい。

一方で、そうした白質への影響はマリファナを調査期間、週に最高で9回吸っていた被験者グループには認められなかったという。

脳の白質は青年期から20代にかけて発達する部分。意思決定力を司るこの大事な部分が悪影響を受けると負のサイクルに陥る可能性があるという。「ティーンエイジャーが脳組織に悪影響を受け、自分を管理する力を失えば、さらに多くの薬物を摂取するようになるリスクが高まるのです」と今回の研究を行った研究者は語る。

また、マリファナ摂取者にはこうした脳組織への影響が認められなかった理由に関しては、まだ具体的なことは分かっていないらしい。

かなり衝撃的な研究結果であるが、今回の結果は決定的なものではなく、更なる研究が必要と研究者自身も話している。遺伝的な要因や家庭環境、その他の薬物の使用量なども考慮して、より深い研究が必要との意見も。

しかし、アメリカではマリファナを危険とみなさない若者は増えており、今回の研究結果もそうした傾向を後押しする要因になりかねない。なお、ティーンエイジャーのマリファナ使用率は上昇中で、ミシガン大学によるある研究では、調査対象の高校3年生のうちの23パーセントが前の月にマリファナを吸ったと回答している。

高まる若者のマリファナ使用率を後押しするかのような今回の研究結果。しかし、当然ながら日本ではマリファナは法律で禁止されている。決して手を出してはいけない!

(文=佐藤 ゆき)
https://twitter.com/yuki_sat
参照元 : The Huffington Post(英文)
http://www.huffingtonpost.com/2012/12/21/teens-marijuana-brain-tissue-alcohol_n_2331779.html
ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2012/12/29/280836/

画像

煙草やアルコールを基準に依存性と健康に対する害

結論を言うとマリファナの依存性は低いと考えられます。

以下のデータは使用人口の内依存症になった人数の割合です。


たばこ 32%
ヘロイン 23%
コカイン 17%
アルコール 15%
抗不安剤 9%
大麻 9%

※ソース:a b c d e f g h i Marijuana and Medicine: Assessing the Science Base (1999) Institute of Medicine(全米科学アカデミー医学研究所)



精神依存、身体依存、耐性形成、どれもが煙草やアルコールに比較して弱いとされています。

健康に対する害という点では答えを出すのは難しいです。理由としては、大麻が規制対象になっているので長期的な摂取実験による研究事例が少ないことがあげられます。また、大麻の常用者を観察対象とするにしても、煙草やアルコールを同時に使用している場合が多く、大麻使用によるリスクなのか、煙草使用によるリスクなのかわかりにくいのです。

そのような背景はありますが、大麻と煙草は同程度の健康に対する害があると考えられています。一部の研究によると大麻の葉巻は市販の煙草の約七倍の発がん性物質が含まれるそうです。

しかし、これは大麻の葉巻にはフィルターがなく、市販の煙草にはフィルターがついてること考慮に入れる必要があります。実際、適切な医療器具を使えば植物繊維を燃焼させた際に発生する有害な成分を、発生させずに大麻の効能を得ることが可能です。

大麻用のフィルターが研究開発されれば、煙草と同程度の毒性に抑えることが可能と思われます。総合して考えると…、耐性形成や依存度の点で煙草より有利なため、より少ない量の大麻で効能を得ることが可能になります。毒性が同程度とすれば少ない量で済む分、煙草より優良な嗜好品ではないでしょうか。



脱法ハーブを吸って死んだ人はいるが、大麻を吸って死んだ人は聞いたことがない。酒より危険性が低く、脱法ハーブより安全なのに違法って矛盾してますよね?酒やタバコ、脱法ハーブは合法っておかしいですよね?

身体に悪くないのに何故、違法薬物なのか?事実を調査しないで法規制するのは明らかにおかしい。

日本もいい加減にマリファナを合法化するべきである。それが出来ないなら、酒、たばこ、脱法ハーブを違法にするべきだ。


【関連記事】
大麻(マリファナ・ガンジャ・クサ・はっぱ)の基礎知識
http://www.gekiura.com/pickup/post-1/
日本は身体に悪い物を販売許可してる矛盾
http://50064686.at.webry.info/201208/article_8.html
俳優「窪塚洋介」の師「中山康直」が大麻所持で逮捕!
http://50064686.at.webry.info/201112/article_2.html
【グロ注意】 マイアミ・ゾンビ事件で顔を喰われた被害者の映像 「バスソルト(メリーちゃん)日本上陸」
http://50064686.at.webry.info/201207/article_9.html

ブログランキング・にほんブログ村へ


マリファナはなぜ非合法なのか?
築地書館
スティーブ・フォックス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マリファナはなぜ非合法なのか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

マリファナTシャツ★大麻、ガンジャ、葉っぱ系【サイズ:M】
旅々Tシャツ屋アジアンラティーノ
詳細画面足 【色とサイズ】 o  緑・M 《Lは完売》   (M:着丈68×身幅48、L:71×53

楽天市場 by マリファナTシャツ★大麻、ガンジャ、葉っぱ系【サイズ:M】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー レンズ
お酒を継続的に摂取すると脳組織に悪影響を与えるが大麻の使用は脳組織に悪影響を与えないという研究結果 貴方の知らない日本/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー レンズ
2013/07/04 00:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お酒を継続的に摂取すると脳組織に悪影響を与えるが、大麻の使用は脳組織に悪影響を与えないという研究結果 貴方の知らない日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる