行動保守系の特徴、疑問

長年、行動保守系を分析してきましたが、共通して言える事は、領土問題や拉致問題、韓国やシナの問題には力を入れて抗議するが、日本国民の生活に直接影響を及ぼす、TPPや消費増税とかに関しては余り声を挙げない。

嫌韓ばかりで、TPPや経済には不勉強の人が多い。実際リアルで活動してる某保守系団体の人間に田布施システムの闇について知ってるか?と質問したら、何それ?という返事が返ってきた。彼らは韓国やシナの話題は詳しいが、自民党の売国の歴史や、消費税の正体、TPP、田布施システムの闇などに関しては全くの無知、不勉強でレベルが低い人が多い。

画像

共通してるのは、嫌韓、尖閣や竹島、拉致問題、反日左翼、反原発、慰安婦問題ばかりを取り上げる。安倍政権が推進する売国政策には余り声を挙げない。在特会でも、唯一声を挙げてるのは福岡支部長の沢村氏ぐらいである。

今、一番声を挙げなければいけないのは、消費増税やTPP、移民政策、道州制などに断固反対し、安倍政権に対し、抗議の声を挙げる事が一番の優先順位ではないでしょうか?領土問題や慰安婦問題、拉致問題を今叫んでも日本国民の生活は変わりません。

消費増税やTPP、安倍政権が秋に提出予定の売国政策や悪法を阻止する事が先ではないでしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック