【尼崎中3男子“性的虐待”】起訴された沖野玉枝被告の部屋は「ヤリ部屋」 第二の角田美代子

尼崎中3男子監禁事件“第二の角田美代子”が暴力支配した性奴隷現場

2013年12月22日 16時00分

画像

同じ尼崎で起きた連続変死事件の主犯・角田美代子の再来か。中学3年の男子生徒(15)を自宅マンションに監禁し集団で性的暴行を加えたとして、強制わいせつ罪で12月11日に起訴された、沖野玉枝被告(43・尼崎市)。その異常な集団生活が明らかになりつつある。

沖野被告は昨年10月から子供4人と現在のマンションに住み始めた。長女(14)と「LINE」などで知り合った少年少女たちが入り浸るようになったのは、今年2月頃のこと。家出、不登校、引きこもりなど、家出同然の7、8人と集団生活をしていたという。

「沖野被告は少年少女に食事を与え、『ママさん』と呼ばれ慕われていた。しかし一方で、金属バットで殴ったり刃物を突きつけるなどして暴力で支配していたのです。さらには自ら経営するカラオケスナックで働かせ、少女にはメイド服やキャミソール、ビキニなどを着せ接客させていたとのことです」(社会部記者)

沖野被告のマンションから徒歩で約10分の位置にある雑居ビル5階の同店、『尼っ子』は、飲み放題で1時間2000円。常連客によれば、同店はさながら連れ出しスナックのようだったという。

「気い付くと客と女の子が店から消えとんねん。後で知ったんやが、店では際どいお触りまでやけど、ママ(沖野被告)のマンションでは本番さしとった。客は皆、若いコを抱けるいうんで喜んどったよ。ざっと1回2~3万円やったけど、常連客にママは『持っているだけでいい』なんて言うてたね」

そのため、沖野被告の部屋を「ヤリ部屋」と呼ぶ少年少女もいたという。しかもこの部屋に関しては、こんな話もある。

「少女たちは警察で『裸の画像を撮られた』と供述しているため、これも服従させる手段とも考えられる。また、マンションの一室には動画を撮るためのカメラがセットされており、撮影したものをDVDにして常連客に売ったり、ネットに流した疑いもあると捜査関係者は見ています。このため当局は、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑でも調べを進めています」(前出・社会部記者)

月々約36万円の生活保護費も受けていた沖野被告。暴力支配が最悪の事態を招かなかった事だけが幸いか。

参照元 : 週刊実話
http://wjn.jp/article/detail/6616374/

画像



尼崎中3監禁 主犯は角田美代子そっくりの「43歳中年女」

2013年12月11日

画像

12日は、尼崎連続変死事件の首謀者・角田美代子が昨年、留置場で自殺した日。その兵庫県尼崎市で「また」だ。

中3男子監禁・虐待事件で、強制わいせつなどで10日送検された無職の沖野玉枝容疑者(43)も、角田美代子と同じように、共犯の少年少女6人(14~18歳)らと奇妙な集団生活を送っていた。

「玉枝の自宅マンションには、今年2月ごろから十数人が出入りしていました。長女(14=児童相談所に通告)が無料メールアプリLINEで知り合った家出や不登校の少年少女ばかりで、行き場のない子どもたちのたまり場になっていた。連日のように寝泊まりし、玉枝のことを<ママさん>なんて呼んでいた。玉枝らから3時間にわたって性的虐待を受けた中3男子もそのひとりでした」(捜査事情通)

玉枝のマンションは3DK、52平方メートルだ。2段ベッドやソファで雑魚寝する「タコ部屋のような暮らしだった」(知人)という。

「玉枝は<行くとこないんやったら泊まってき>と優しく声をかけたり、入り浸りの子どもたちの食事の世話をするなど面倒見のいいところもありましたが、キレると金属バットでボコボコにしていた。見境がなくなるようで、中3男子が<彼氏と別れて付き合ってくれや>と長女に迫ったことに腹を立てて監禁、包丁をかざしながら<裸になれ>と命じて辱めた。そのうえ<おまえ、住み込みで奴隷になるか>などと脅した。共犯の少年のひとりは<(玉枝が)怖くて逆らえへんかった>と供述しています」(県警関係者)

アメとムチで精神的に支配する。それも美代子にそっくりだ。
「深夜2時とか3時に大騒ぎしたり、子どもらのでっかい泣き声とか叫び声が響いたり、近所迷惑もええとこやで。警察も何回も来とったな。玉枝はおっぱいの谷間が見える服を着たり、髪を赤く染めたりして、近所でも目立っとった。そういや髪がピンクのちっちゃい子も見かけたな」(近所の住民)

やりたい放題だったのも美代子に似ているが、そもそも、そんな大勢の子どもたちの面倒を見るカネは、一体どこにあったのか。

「玉枝は中学生の長女のほかに、小学生2人と幼児の計4人を抱えるシングルマザーで、住宅や教育扶助などを含めて月に36万から37万円の生活保護費を“不正受給”していたようです。さらに自宅近所でカラオケスナックを経営し、“居候”の少年少女をタダ働きさせていた。まあ、1時間2000円の安スナックで、大した稼ぎもなかったでしょうが、マンションの家賃は月7万円。生活に困ることはなかったはずです」(前出の捜査事情通)

美代子事件のように、さらなる“闇”が出てくるのか。

参照元 : 日刊ゲンダイ
http://gendai.net/articles/view/newsx/146584
http://gendai.net/articles/view/newsx/146584/2
http://gendai.net/articles/view/newsx/146584/3



沖野被告は不可解な点がいくつかあります。

自宅マンションなのに何故、生活保護が受給出来るのか?そもそも生活保護でマンションに住めるのか?これは賃貸なのか、それとも自分のマンションなのか?購入したマンションなら生活保護の申請は認められないはずだし、賃貸マンションだとしても、家賃がかなり安い場所じゃないと駄目なはず。

子供4人いたら、月36万円も生活保護費が貰えるの?えっ?どういうこと?生活保護で年収432万円?しかも医療費、バス、タクシー無料って・・・ 働かない方がいいじゃん。なのに売春強要って、この婆は鬼か!

角田美代子モドキ、行動がそっくりだな。この婆は生粋の日本人なのか?

【関連記事】
【尼崎・中3男子“性的虐待”】起訴された43歳の女が少女ら4人に売春強要の疑い
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51936650.html


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック