南米エクアドル日本人夫婦襲撃事件は”平和ボケ”が招いた悲劇

「テツオー」夫の顔なで泣き叫ぶ妻 薄暗い街に響く銃声

2014.1.6 08:20

画像

胸から血を流し動かない夫。自らも血まみれの妻は泣きながら何度も夫の名を呼び、顔をなで続けた-。昨年12月28日深夜、南米エクアドルの最大都市グアヤキル南西部。新婚旅行中の人見哲生さん、真梨子さん(27)とみられる日本人夫妻が強盗団に銃撃された現場は、街灯が少なく薄暗い住宅街、学校脇のとりわけ薄暗い場所だった。

午後10時半ごろ、年の瀬で人の姿がない街に突然銃声が響いた。目撃者によると、直後に男らを乗せた2台の車が急発進で西に向かって走り去った。黄色いタクシーと黒い車。慌てているのかタクシーは左後部ドアが開いたまま、黒い車は窓ガラスが破損していた。

「テツオ、テツオー」。胸から血を流し倒れた男性の頬を女性が何度もたたいたりさすったりしながら泣き叫ぶ。女性の服も腹部から下が血に染まり、右すね部分にも血痕が広がっていた。倒れた男性は上半身がはだけ、はだしのまま微動だにしない。所持品は根こそぎ奪われていた。(共同)

参照元 : 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140106/amr14010608220002-n1.htm?view=pc



日本人夫婦死傷 専属タクシー料金トラブルで「流し」に乗車

2014/01/07 12:36

南米エクアドルで、新婚旅行中の日本人夫婦が銃で襲われ死傷した事件で、夫婦が被害に遭う直前の、さらに、くわしい足取りがわかった。被害に遭った人見哲生さんと真梨子さん夫妻は、2013年12月28日、宿泊先のホテルからレストランまで、ホテル専属のハイヤーを利用したが、その際、普通のタクシーのおよそ10倍にあたる、20ドルを請求されたことから、運転手とトラブルになり、戻る際は、レストラン手配の車を断って、流しのタクシーに乗車したことがわかった。

グアヤキル病院の真梨子さんの担当医は「(真梨子さんは)ようやく元気が出て、会話をするようになり、笑うようになった。事件直後は、夫を失ったショックが顔に表れていた」と話した。腹部と足に銃撃を受けて重傷を負った妻の真梨子さんは、手術後、快方に向かっているが、事件のショックが大きいという。

一方、市内を走る正規のタクシーには、非常事態を知らせるボタンが設置されていて、乗客が身の危険を感じた際に、このボタンを押すと、緊急センターにタクシーの場所が通報されるシステムになっている。しかし、こうした正規のタクシーでも、「特急誘拐」が多発している。

事件の起きた現場を含むグアヤス県では、2013年、週に3件の割合で発生していて、エクアドル政府は、対策に躍起となっている。

参照元 : FNNニュース
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00260795.html





<ネットユーザーの反応>

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1389162422/-100

4 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:28:25.43 ID:3pCLMX9/0
いつもの調子でエクアドル人相手にクレーム付けたら命を狩られたテツオ


6 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:29:25.71 ID:HqxDcuNoP
すばらしいつぶやきだお

> >ただインド同様、うまいことウソついて金多くとろうとする人多過ぎ(>_<)
> >でもそこはおれ海外百戦錬磨だから大丈夫~^_^

> 郷に入っては郷に従えとは良く言ったものです!



8 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:30:05.01 ID:oMEWkZxJ0
しかし不思議なのは、こんな超絶危険地帯の高級ホテルがクリスマス~年末年始は150+300+他のホテルも埋まるんだなー 世界中からガラパゴス見に来るんだな

エクアドルなんか5万円程度のために人殺ししたり、雲助に至っては、自分の乗せるはずだった客が強盗あって死んでも 「え?おれ3ドルしか要求してないけど?w」とか、死者を悼む気持ちなんか微塵も感じず平気で言っちゃう土人たちばかりなのにさっきNHK見てたら、多賀城市で客乗せたタクシーが津波あって波かぶってそん時乗せてた客と1日民間アパートに避難して、ちょっと客置いて運ちゃんだけ1日自足で帰ったと思ったらわざわざ自分の車で自宅から数キロ離れたその民間アパートに、置いてきた客を迎えに行って自宅まで送った話聞いて泣いちゃったよ


12 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:31:01.18 ID:Oum9F/KU0
ハイヤー乗ってたら無事だったの?


13 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:33:14.00 ID:IHcPVZg60
ホテル専属タクシーまでぼったくるのか
そんな国には近づかない方がいいな



14 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:33:21.43 ID:W4LIWe+tO
>>12
仕切ってる組織は、タクシーは狙わないよう部下に徹底してる。
タクシー会社は組織に上納金出すから。



20 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:34:43.51 ID:3t22738a0
確実に情報売られたようだね
たまたま強盗に出くわしたわけじゃないようね
今は携帯があるから情報伝達が早い



21 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:34:52.90 ID:oMEWkZxJ0
>>12
今回に至っては2000円払ってハイヤー乗ってれば正月はガラパゴスでイグアナと写真撮ってイェー(^^)v
7日には職場におみやげ配って
でもエクアドルで往復5000円はらって700m先のホテルに食事行った事は百戦錬磨の彼の武勇伝に傷をつけるのでわざわざFBやツイッターには書かないかもね

でも彼は「2300円払ってハイヤー乗らない」→「強盗白タク乗ってズドン」→日本で晒し者というコースを自ら選んでしまった
人間の選択肢なんてどこで運命が分かれるかわからんものね



23 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:34:54.73 ID:YPP7FygN0
高級ホテルには泊まる
タクシーに乗ってまで高級ホテルのレストランで食事はする

ただしタクシー代はケチる

なんだかなあ



25 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:35:58.19 ID:KMLuBdgM0
たった20ドルなら
たとえ10倍でも払ってやれよ先進国の人間だろが
100倍ならちょっと待ってくれと考えるレベル



37 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:39:10.63 ID:IHcPVZg60
ホテルの専属タクシーって事で信用して乗ったらぼったくられた
だからトラブったんじゃないの?
なら流しのタクシーでもいいやって思っちゃったんだろうね


40 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:40:13.99 ID:KMLuBdgM0
つまりあれだろ
ハイヤー運転手にとっては日本人=金持ちで
たとえ10倍でもチップ代わりに払ってくれるのが当たり前だったんだろ
発展途上国でケチって殺されるなんて恥ずかしいだけだね



43 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 15:41:19.82 ID:jOCX8PgB0
>>23
よく貧乏旅行してきた人に多い、金のかかる旅行はダメという思い込みを感じる
高級ホテルは嫁もいるしハネムーンで致し方ないとして、タクシーぐらいは現地人らしく
その価格水準で利用して旅行通のところを見せたかったのでは
痛い値引きとなったな



今回の悲劇は、事前に予想できたはず。にも関わらず、なぜ新婚旅行で治安の悪い国を選んだのか疑問です。ただ単に安かったからなのか?お金をケチっために命を失うほど馬鹿らしいものはない。

海外旅行で治安の良い国を選択するのは、危険なリスクを避けるためにも当たり前なんですが、この夫婦は、わざわざ危険な国を一生の思い出でもある新婚旅行に選んでしまった。

ネットでは、ホテルのハリアーを断って、流しのタクシーに乗ったのが運命の別れ目だったという声が多いが、果たして、流しのタクシーより、運賃が割高のハリアーを利用したからといって、強盗から襲われなかったというと、そうではない。強盗犯は、観光客が利用するホテルのハリアーも当然、標的にするだろう。

ようするに、治安の悪い国は、事前に情報を集め、海外旅行は極力避けるべきなのです。

ロケットニュース24が、このような記事を書いてたので紹介しておきます。


【旅行】海外のタクシーで注意するべきポイント7

画像

新婚の日本人夫婦がエクアドルのタクシーに乗り、暴行を受け金品を奪われた事件。夫は殺害され、妻も入院している状態だという。海外のタクシーは日本のように安全ではない。今回は「海外のタクシーで注意するべきポイント7」をお伝えしようと思う。

・海外のタクシーで注意するべきポイント7

1. 顔写真とドライバーの顔が違う
大半の国ではタクシー内部に顔写真の掲示が義務付けられている。しかし、顔写真とドライバーの顔がまったく違う場合がある。そういう場合、本来のドライバーからタクシーを借りてアルバイトのようなことをしている場合がある。危険度は低いが、正規ではないドライバーなのは確かだ。

2. メーターのスイッチを入れない
タクシーに乗ったのにメーターのスイッチを入れないドライバーがいる。そういう場合は、目的地に着いてから法外な運賃を請求される可能性が高い。走ってる最中に「メーターをオンにしてください」と指摘すると「忘れてたスマン」と言ってオンにしてくれる場合もあるが、かたくなに高額な金額を要求するドライバーもいる。「払わないと殴る」とか「タクシーから降ろさない」というドライバーもいるので注意。

3. タクシー選びは慎重に
発展途上国では慎重にタクシーを選んだほうがよい。車載設備はどうか。白タクではないか。よーく見極めることが重要だ。少なくとも、ホテルの敷地内に止まっているタクシーがあるならそれに乗るのが安全だと思いたいが、その待機タクシーが逆に怪しい場合もある。

また、路上を走っている流しのタクシーを止めて乗らなければならないシチュエーションもあると思うが、少しでも怪しいと思ったら乗るべきではない。海外のタクシーは臆病なほど慎重に選ぶべきである。

4. 値段交渉になったら折れることも重要
メーターで値段を決めず、言い値で交渉してくるドライバーがいる。ボッタクリ価格なのはわかっていても、あまりにもしつこく値切ろうとすると暴力に発展することもある。また、乗ってから交渉でもめると危険度が増す。リスクを考えれば多少高額でも払ってタクシーから早く降りるべきである。

5. 異様に汚いタクシーは避ける
車体が異様にボコボコにへこんでたり、泥だらけで汚かったり、そのようなタクシーは避けたほうがよい。危険度は低いものの、「異様なレベル」のタクシーは現地人ですら使わないようにしていることが多い。

6. 明らかに外国人に声をかけてくるタクシー
周囲にたくさんの人がいるのに、明らかに外国人だとわかる自分に声をかけてくるタクシーがいたら注意。現地人だろうと外国人だろうと、乗せてもうかる金額は距離と時間なので変わりない。なのにあえて外国人の自分に声をかけてきたということは、ボッタクリか、何かしらの企みがある可能性が高い。

7. 異様に「この国は何回目? 初めて?」と聞いてくるドライバー
もし乗ったタクシーで「この国は何回目? 初めて?」と聞いてきたら、あなたの「この国に対する知識」を調べている可能性がある。つまりタクシーや物品の相場を知っているかどうか調べているのである。そこで「はじめて」とか「2回目」と言ったら最後、ボッタクリ運賃になったり、関係のない場所に連れていかれるかもしれない。「この国に家族がいるの? 友だちがいるの?」と聞いてくるドライバーも同様だ。

え? そんなに人を疑って旅をしてもつまらない? もっと人を信じろ? 心が汚い? たしかに疑う行為は悲しいことかもしれないが、詐欺や暴行に遭ったり、最悪殺されてしまうこともあるわけで、それよりはましである。そんな考えは「日本人の甘ちゃん」としか言いようがない。

執筆: Kuzo.
https://twitter.com/japaneasy1
参照元 : ロケットニュース24

http://rocketnews24.com/2014/01/08/402855/


今回の事件は悲しい出来事ですが、正直、可哀そうだと素直に思えません。自分の大切なお嫁さんを治安の悪い国へ新婚旅行に行った旦那にも責任があります。これは平和ボケが招いた悲劇なのです。新婚旅行は国内にしとけば死ななくて済んだのに。

しかし、この嫁さんは凄い!腹を撃たれて生きてるんですから。ある意味、不死身なのかもしれません。生命力が強い方です。現在は回復に向かってるということらしいですが、心の傷は一生消えません。

ちなみにエクアドルの物価、14年前のデータですが、安すぎワロタww


安くてすいません-エクアドルの物価- 2000.5.13

南米の赤道直下に位置するエクアドルは、かの有名なガラパゴス諸島があると言う事や、赤道直下の国であると言うことよりも、バックパッカーには南米一物価が安い国として知られています。

旅行者の間でエクアドルの話が交わされると、決まって「なんか、宿が凄く安いらしいヨ」とか、「宿代がなぜか食事代より安いらしい」等と、とにかくエクアドルの物価がいかに安いかを強調した話が続きます。そして最後には必ず、「だから君も行ってみるといいよ」となるのです。

エクアドルはここ数年、年率30から40%の割合でインフレが徐々に進行し、ついには南米の中で物価が一番安い国になってしまいました。日本にいるとインフレと言う言葉は分っても、全く実感が沸かないかと思うのですが、南米では結構色々な国でインフレが起こっています。

例えば昔のチリ。現在のチリは物価も安定し、治安の良い所として知られていますが、20年位前にはとても物価が安かった時があったと言います。1$あればチリビールがテーブルに立たない程買えたと言う話を聞きました。

また、フジモリ大統領就任時のペルー。これは正確にはインフレと言う訳ではないですが、フジモリ大統領の就任後6ヶ月の間にガソリンの価格がなんと32倍に跳ね上がりました。今のガソリン代が3.3リットルで230円位とあまり日本と変わりませんが、良く考えてみるとフジモリ大統領就任前は105リットルで230円だったのですね。本当に凄い話です。

さて、私達が今居るエクアドル。さすがに今のエクアドルは前述の話ほど物価が安いと言う訳ではないのですが…ちょっと紹介してみましょう。

宿と移動
私達の泊まっているホテル
12,000スクレ【 53円】
キト以外の都市での中級ホテル
60,000スクレ【264円】
バス代(5時間乗って)
60,000スクレ【264円】
キト市内トロリー
2,500スクレ【 11円】
市内バス
1,500スクレ【7円】

食事と食材
レストランでの食事
10,000~30,000スクレ【44~132円】
ビール中ビン
9,000スクレ【40円】
タバコ一箱
11,000スクレ【48円】
ラム酒
20,000スクレ【88円】
エクアドル製ワイン
20,000スクレ【88円】
エクアドル製カマンベールチーズ
20,000スクレ【88円】
トマト8個
5,000スクレ【22円】
アボガド6個
10,000スクレ【44円】
コカコーラ500ml
5,000スクレ【22円】
ミネラルウォーター500ml
3,500スクレ【15円】

雑貨
海賊版CD
50,000スクレ【220円】
海賊版VTR
50,000スクレ【220円】
海賊版カセットテープ
20,000スクレ【88円】
ディアボロ
50,000スクレ【220円】
腕時計
50,000スクレ~【220円~】
新聞
5000スクレ【22円】
ジーンズ
150,000スクレ~【660円~】
婦人用シャツ
100,000スクレ~【440円~】

と言った塩梅。とにかく安いのが判っていただけたでしょうか? 私達も一生懸命服を買ったリ、ファーストフードを食べてみたりと色々贅沢三昧をしているのですが、どうやっても1日2000円以上使う事が出来ません。(^_^)

ですが先日、エクアドル政府が2年後をめどに通貨を現在エクアドル国内で使用されているスクレからUSドルにすると発表しましたので、この物価安も残念ながら2年後位には無くなってしまう様ですが…。

参照元 : 「天竺」目指して夫婦モバイル放浪

http://www.geocities.jp/esashi_ume/Setuzoku/Ecu7.htm


まさか、今回、被害に遭った日本人夫婦は、この安さに魅力を感じてエクアドルを選んだのか?激安旅行だったのかもしれません。まあ、14年前の物価なので、現在はもう少し高くなってるかもしれません。

【関連記事】
【閲覧注意】南米エクアドルで新婚旅行中の日本人夫婦が襲撃された事件で殺害された男性の遺体画像が公開される
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51940801.html
【エクアドル日本人夫妻銃撃事件】中南米で頻発している手口で、旅行者を短時間拉致して金品を奪う「特急誘拐」と呼ばれる犯行に巻き込まれた可能性
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51939775.html
南米のエクアドルで新婚旅行中の日本人夫妻がタクシーの車内で銃撃され、28歳の男性が死亡、27歳の女性が重傷
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51939697.html


ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック