クリスマスやハロウィンよりも大切な事がある

ハロウィンとは?

ハロウィン、あるいはハロウィーン(Halloween, Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、歴史的にイギリスやアイルランドなどアングロ・サクソン系諸国で祝われているが、現代では特にアメリカで民間行事として定着して、本来もっていた宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

画像

概要
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(本来はカブ。スコットランドではカブの一種の「スィード(swede)」を用いる。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャックランタン(Jack-o'-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。

「ハロウィン」の語源は、カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日」(古くは「万聖節」とも)の前晩にあたることから、諸聖人の日の英語での旧称"All Hallows"のeve(前夜)、"Hallows eve"が訛って、"Halloween"と呼ばれるようになったとされている。

諸聖人の日は、7世紀頃までは5月13日に祝われていたが、ケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへと改宗する過程でケルトの収穫祭に合わせてカトリック教会が諸聖人の日を11月1日に設定したとされている。

カトリック教会では諸聖人の祝日は祭日としているが、10月31日のハロウィンは祭日ではなく典礼暦(教会暦)にも入っておらず、教会の宗教行事・公式行事として行われることはない。カトリック教会を含めキリスト教の多くの教派・教会では、信徒が民間行事として楽しむことを容認しているが、プロテスタントでは多様な見解があり、いくつかの福音派は否定的である。

各国の現況
現代では主にアイルランド、イギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、そしてオーストラリアの一部に広まっている。これらの国ではハロウィンが盛大に祝われるが、アイルランド以外はプロテスタント信者が多いせいもあって、その翌日にあたる諸聖人の日には、通常これといった行事は催されない。宗教改革以降、プロテスタント諸国ではカトリック教会の祝日である諸聖人の日が徐々に廃れたため、ハロウィンのみが残された格好になっている。

なお、アメリカの一部キリスト教系学校では、ハロウィンがキリスト教由来の行事ではないことから、「ハロウィンを行わないように」という通達が出されることがある[9]。

アイルランドでは10月最後の月曜が祝日となっており、ハロウィンを祝う習慣が最も純粋な形で残っている。この祝日に続く週は、学期の半ばであるがすべての学校が休みになり、一般に「ハロウィン休み」と呼ばれる。

カトリック信者の多いラテン系諸国(イタリア・スペイン・ポルトガルおよび中南米諸国)では、ハロウィンはあまり普及していない。これらの国においては、諸聖人の日が重要視されており、祝日に制定している国もある。

東方教会(正教会・東方諸教会)の広まる地域(東欧・中東など)においてもハロウィンはあまり普及していない。ロンドンにあるロシア正教会の司祭はハロウィンを「死のカルト」であると批判している。またロシアにおいてはロシア教育省が宗教行事の一環であることを理由に、公立学校に対してハロウィンの関連行事を行わないよう通達を出している。

ドイツ、日本、東南アジア諸国などにおいてはアメリカの大衆文化として一部受容されている(日本については後述)。

歴史
古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサウィン(サオィン /ˈsaʊ.ɪn/、サワーン /ˈsaʊn/、サーウィンplay /ˈsɑːwɪn/[11]または、サウィーン、サーオィン、サムハイン、英: Samhain)祭であった。

ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、日没は新しい日の始まりを意味していた。したがって、この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、火をつけ、作物と動物の犠牲を捧げた。

また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、各家庭にこの火から燃えさしを与えた。各家族は、この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、「妖精」(「シー(Sith)」と呼ばれる。女の妖精は「バンシー」と呼ばれた)などの悪霊が入らないようにする。

というのも、1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである。祭典ではかがり火が大きな役割を演じた。村民たちは、屠殺した牛の骨を炎の上に投げ込んだ。かがり火が燃え上がると、村人たちは他のすべての火を消した。その後、各家族は厳粛にこの共通の炎から炉床に火をつけた。

紀元1世紀、ローマ人はブリテン島に侵入し、彼らがケルトに女神ポモナを讃える祭りをもたらしたが、この祭りもまた11月1日頃に行われていた。ポモナは果実・果樹・果樹園の女神で、そのシンボルはリンゴであるが、ハロウィンの行事としてダック・アップルが行われるのはその由縁からといわれる。

またハロウィンのシンボルカラーである黒とオレンジのうち、オレンジはポモナに由来するとの説がある。また古代ローマの死者の祭りであるパレンタリア(英語版)(Parentalia)からの影響も指摘されている。

ハロウィンの習慣は、イングランド南部では17世紀以降、11月5日の火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・デイ)に置き換わり、廃れた。しかしながら、スコットランドおよびイングランド北部においては広く普及したままであった。

ハロウィンがアメリカの年鑑に祝祭日として記録されたのは19世紀初頭以降のことである。ニューイングランドのピューリタンなどはハロウィンに強く反対する立場であり、19世紀になりアイルランドおよびスコットランドからの大量の移民があるまでは、これが本格的にもたらされることはなかった。

ハロウィンは19世紀半ばまで特定の移民コミュニティ内部のイベントとして行われていたが、徐々に主流社会に受け容れられ、20世紀初頭には、社会的、人種的、宗教的背景に関係なく、あらゆる人々によって東海岸から西海岸へ、そして全世界へと広められていった。

キリスト教徒の関連
キリスト教は紀元後、現在にいたるまで西欧文化と不可分の関係にあり、ことに教会から離れた民間習俗では往々にして聖俗の習合も起こってきた。

人文科学博士である小澤克彦によれば、ケルト人への宣教にあたり、ケルトのサウィン祭はアイルランドのキリスト教会に影響を与え、カトリック教会も、民族の根幹にかかわる祭りは民衆から取り去ることはできなかったため、(「諸聖人の祝日」の日を11月1日に変更したことで)その前夜祭がハロウィーンとして民衆に残されたと説明している。

諸聖人の日は、もともと東方教会に由来するもので、カトリック教会では609年に導入され、当初は5月13日に祝われていたが、8世紀頃から英国やアイルランドでは11月1日にすべての聖人を記念するようになり、同時代のローマ教皇グレゴリウス3世(在位731年 - 741年)によって、11月1日に祝う習慣がローマ教会に広く導入された。

これがケルトのサウィン祭の影響、つまり諸聖人の日とサウィン祭を併合することでより盛大な祭りにしようという意図、あるいは反対に諸聖人の日の移動をもってサウィン祭の習俗を駆逐しようという意図などの指摘も一部にはあるが[誰?]、定かではない。

ハロウィンという名称である「諸聖人の日前夜」はこれ以後に用いられるようになったと考えられるが、現在確認されている使用例は、16世紀にみられるものが最古である[14]。

現代のキリスト教会では、ハロウィンの習俗がキリスト教的ではないとの認識ではおおむね一致しており、たとえばカトリック教会では前述のとおり「諸聖人の日」が祭日とされているがハロウィンは無視されており[8]、聖公会も同様で[15]、プロテスタントも含めハロウィンに対する態度は、さまざまである。

肯定的あるいは中立的
宗教には関係ないと割り切って、参加してもよい
キリスト教の行事ではないことを明確にし、娯楽として楽しむのならよい
キリスト教の伝統の中でなおも保持された風習に、キリスト教的意義を見出すことが大事
起源・歴史を知り、真実を伝えていくことが大切

否定的
キリスト教信仰とは無縁、むしろ対立する恐ろしい悪魔崇拝である
死神と邪悪な霊をたたえ、傷害事件まで誘発している。
また、キリスト教系の新宗教であるエホバの証人ではタブーとされている。

<以下略>

参照元 : ハロウィン:Wikipedia



画像

日本国民に訴えたい。

キリスト教信者(クリスチャン)でもないのに、ハロウィンやクリスマス、バレンタインを当たり前に祝う風潮よりも、もっと大切な事がある。それは日本人が祝祭日にどの家庭でも国旗を掲げる事が当たり前の国になること、それが普通のイベントになること。

これは強制でもなんでもない。自国の国旗に敬意を表すのは他国では当たり前の事。日本が異常なのです。クリスマスやハロウィンなど辞めにしましょう。企業が儲けるためのイベントに金を落とす必要はないです。



西村修平 山手線へ 不良白人を一喝 2/3

西村修平 山手線へ 不良白人を一喝 3/3



英国SASに射殺された三人のIRA兵の葬儀の場にプロテスタント過激派UDA(ニュース音声ではUFFと言っているが当時彼が所属していたのはUDA) のMichael Stoneが手榴弾と2丁の銃で襲撃。列席しているIRA・Sinn Fein党の重鎮の殺害を図る。一般人を含む3人死亡、60人以上が負傷。

実行犯Michael Stoneはプロテスタント過激派の中で英雄となり、獄中でUFFのリーダーとなる。2000年に釈放後、2006年に北アイルランド議会を銃と爆弾で襲撃、逮捕され、2008年の裁判により、13もの罪で実刑(懲役16年)となる。その罪の中にはSinn Fein党の重鎮Gerry Adamsや Martin MacGuinessの暗殺未遂も含まれていた。

葬儀襲撃事件

プロテスタント過激派によるIRA兵の葬儀襲撃事件(1988年)



ブログランキング・にほんブログ村へ

"クリスマスやハロウィンよりも大切な事がある" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。